×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

その他のおすすめ情報

食料品情報:食べるラー油について

食料品情報:食べるラー油について

>食料品情報:食べるラー油について

ラー油市場はここ数年で急拡大している。2004年〜08年の5年間で、マーケット規模は120%に拡大した(KSP-POSなどから推定/桃屋)というデータもある。その火付け役となったのが沖縄発のラー油。島唐辛子を使った「石垣島ラー油」や、久米島の素材を使った「くめじまラー油」など、ここ数年のうちに沖縄系ラー油が人気を博し、インターネット通販でも売り切れが続出している

桃屋の食べるラー油はは具材を噛んでいくうちに、フライドオニオンとフライドガーリックの旨味が同時に口中に広がる。このバランスがとてもほどよい。噛むほどに言いようもない旨さが舌の上ではじける。ここまでくるともうやばい。

次の流行はブランド米:きぬむすめ です

キヌムスメとはどんなお米なのでしょうか?萌えキャラ(美少女キャラ)のイラストを使った販売方法で有名になりましたが、きぬむすめには実際にコシヒカリ・アキタコマチなどのメジャーブランド米に負けないだけの実力がある美味しいお米なのです。
健やかで恵まれた環境で作られていて、日中と夜間の気温差がとても大きいので、より元気で美味いお米に育つそうです。 いつも食べているお米も値上がり等あり、より安く食べられるおいしいお米を探していた時に出会ったのがこれ:きぬむす めです 一度ためしてみる価値は絶対にあります。この美味しさはお勧めです。

桃屋の食べるラー油は甘味があってマイルドで、味のバランスが良いのでどんな料理にも合わせやすい。もしかしたら小学生くらいの子供でも好んで食べる調味料かもしれない。「桃ラー」が元祖であり、かつ他の追従を許さないほどの完成度を持っています。

飲食店への影響について

最近では桃屋のラー油を使った料理を提供する飲食店も登場してきているとか。ラー油の今後の動向が非常に気になる。

特に中華系の料理屋では自前で作った食べるラー油を調理棚に備えているお店も増えてきました。この食べるラー油の有無や美味しさでお店を選ぶ時代がくるかもしれませんね。

その他のメーカーの食べるラー油

桃屋のブームに始まり、さまざまなメーカーが食べるラー油を生産しています。しかし、昔ほど品切れが顕著でない現状では、特に気に入ったメーカーのものがあるなら話は別ですが、無名メーカーの食べるラー油を買う必要はないでしょう。エスビーの食べるラー油は定価よりも安い価格で買えます。それで十分でしょう。最近では食べるラー油が沖縄発祥であることも忘れられていますね。

  • 瀬戸内サンキ「食べる生七味唐がらし」
  • 味の坊「食べるラー油」
  • 丸将木曽路家「にんにくラー油ぬれふりかけ」
  • 「鉄板焼ちえぶくろのやみつき辣油」

その他のおすすめ情報